医師・スタッフ紹介

  • HOME
  • 医師・スタッフ紹介

院長-齋藤 祐一郎

かかりつけの医院として、慢性の内科系疾患を主体に定期的な維持、管理を受けていただけるよう、地域医療に取り組んでいきます。
特に消化器系の癌の早期発見、治療を目指し、専門医としての超音波検査、胃及び大腸内視鏡検査を行なっています。
胃内視鏡検査では2004年より経鼻内視鏡検査を実施しています。

略歴

1983年 名古屋大学医学部 卒業
1988年 名古屋大学病院第一内科
1991年 名古屋大学で医学博士習得
1992年 岡崎市民病院消化器科
1997年 内科・消化器科 ゆうクリニック 開院

資格

日本内科学会認定 総合内科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医、指導医
日本消化器がん検診学会 認定医
日本医師会認定産業医

日本内科学会認定 総合内科専門医

日本内科学会認定 総合内科専門医は、医院・クリニック、一般病院、基幹病院・大学病院を連携する内科系診療のネットワークの共通基盤です。
国民医療の中で、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの内科的慢性疾患は、大きな課題となっています。地域において患者と接し、生活指導まで視野に入れた、より良い健康管理・予防医学と、日常診療を任務としています(かかりつけの医師)。

日本消化器病学会認定 消化器病専門医

専門医像(専門医とは)
消化器病学会認定 消化器病専門医は、内科や外科の専門医の見識を基本として、さらに消化器領域の疾患と病態を系統的に理解し、市民の健康に貢献することを目指しています。消化器内科は内科の中で受診する機会が多い診療科の1つです。活動は多岐にわたりますが、消化器診療に関連する新しい医学、医療を学ぶ姿勢を持ち、チーム医療ならびに病診連携・病病連携などの連携医療、予防医療を過不足なく行わなければいけないという使命感をもちながら診療していきます。

日本消化器がん検診学会

日本消化器がん検診学会は、これまで公共の施策である、胃がん・大腸がん検診の実施・運営・作用の向上に行政と連携の上、取り組んでいます。特に本学会が養成する消化器がん検診の認定医は、精度管理の要として厚労省の胃がん検診チェックリストにも収載されており、公的検診の中心的役割を果たしております。